ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

職業倫理

公認会計士には「偏りのない公正な態度と独立性の保持」が職業倫理として求められている。独立性には精神的独立性と外観的独立性があり、精神的独立性とは、監査人としての判断を歪めるおそれのある諸要因から影響を受けない精神状態であり、外観的独立性とは、第三者から誠実性や客観性等が阻害されていると推測されるような事実や環境をさけることである。
公認会計士の倫理規定は、監査基準において「公正不偏の態度及び独立性の保持」が義務づけられており、さらに監査に関する品質管理基準においては監査事務所が守るべき倫理規定が定められている。

公認会計士について

キーワード