ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

代表的な(実証的)監査手続

まとめてインプット
(実査・棚卸立会・確認)


財務諸表が正しく作成されているという監査意見を述べるために、公認会計士はその裏づけとなる「十分かつ適切な監査証拠」を入手しなければならない。そこで公認会計士は様々な監査手続を行うが、なかでも代表的なものが、実際にクライアントに出向いて行う「実査」と「棚卸立会」、そしてクライアントの取引先に文書で回答を求める「確認」である。
(※参照「分析的手続」)

公認会計士について

キーワード