ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

活躍する女性会計士たち

赤松育子さん(女性会計士活躍促進協議会広報・ネットワーキング専門委員会専門委員)

Q. 公認会計士を目指した経緯を教えてください

弁護士である父から、女性特有のライフステージをしなやかに乗り越えていくために、資格をもつことの大切さを幼いときから教えられました。当初は弁護士を目指そうかと思いましたが、それには父が反対し、「経済学部なので会計士かな?」くらいの軽い気持ちで、会計士の仕事が何か、受験科目が何かも知らぬまま、予備校に通いはじめました。

Q. 受験期間中の思い出を教えてください

大学4年で学生結婚し、都内の社宅にサークルの友人がいつも遊びにきていました。その合間をぬって予備校と大学に通っていたため、ついつい楽しいことを優先してしまい、長い長い受験生活になりました。

Q. 公認会計士試験合格後の略歴を教えてください

いまから思えば就職難の年だったため、事前に入所の約束をいただいていたにもかかわらず、いざ入所という段になって「結婚している女性は旦那の転勤もあるし子どもも産むし、採用できない」とあっさりと断られました。ただ補修所の担任の先生から「3次試験を通過して必ずや一人前になりなさい」と強く励ましていただき、監査法人パートで働き始めました。その後次男が幼稚園に入った時点(2次試験合格から早8年)で監査法人のフルタイムに切り替えました。

Q. 現在の仕事内容について教えてください

産業能率大学総合研究所(社会人教育部門)の研究員です。 互いの違いを認識し、多様性を受容することによって組織が強くなっていく、そのための理念浸透や職場作りのコンサルティングをしています。 例えば働く女性のなかには、女性特有の出産や子育てというライフステージをどう乗り越えるのか、将来に対する漠然とした不安として、また目の前に立ちはだかる大きな壁として、立ち止まり悩む人が大勢います。それを社会全体でいかに改善していくか、どのように問題意識を共有し発信していくかということが私の仕事です。

Q. 現在の仕事についてどのようにお感じになっていますか

天職だと感じています。 女性が資格をもつことはとても大切だと感じますが、その資格を活かしたくても活かすことのできない女性がたくさんいます。全力で働きたくでも働けないときを、細々とでもいいからキャリアを中断しないで乗り越えようと思っても、それを受け止める社会の器がないこともあります。 同じ女性であっても、価値観、スキル、そして「いまできること」は当然のことながら多様であり、単純に「女性」というひとくくりでは考えられません。働き方の多様性に留まらず、人生そして生き様そのものの多様性につながるこのテーマを、私の生涯の研究テーマとしています。

Q. 差支えない範囲内で家族構成を教えてください

ふたりの息子(大学4年生と1年生)と母です。

Q. 仕事を行う上で心がけていることを教えてください

仕事に限りませんが、誠実であること、そして自分の直感(直観)を信じ、自分に対して正直であることを心がけています。

Q. 会計・監査の知識が現在の業務にどのように活かされているか教えてください

コーポレートガバナンス・コードの関係で、役員や経営幹部向けのトレーニングを担当することが多いのですが、その際にかつての実務経験が大変に役立っています。

Q. キャリアビジョンを教えてください。また、キャリアを実現するための課題があれば教えてください

いま自分の思いを十分に実現できているので、このまま歩んでいけたらと考えています。 短期的には4冊目の本を出版します。中長期的には「女性のライフステージと働き方の多様性」について、研究をより進めていきたいです。自分のありたい姿をどのように実現していくか、迷わず進んでいけたらと思っています。

Q. ワークライフバランス実現に向けて、工夫されていることはありますか

辛いこと、できないことを率直に話し、周囲に理解を求めることです。 例えば子どもが幼いとき、たくさんのママ友に助けてもらいました。特に次男は母とシッターさんと私という「3人のママ」がいて、お友達に「どれが本当のママ?」と良く聞かれていたようです。決してひとりで抱え込み、ひとりで解決しようと頑張りすぎないことが大切だと思います。

Q. 疲れた時の、「自分へのご褒美」はどんなものですか

旅行、親友との楽しい会食。

Q. あなた自身がロールモデルとしている人はいますか

私の人生は私しか歩めません。あくまでもパーツロールモデル、でしょうか。

Q. 最近興味のあるトピックを教えてください(会計士業界以外のトピックでも可)

脳科学の発展とAIの世界。

Q. 1か月間休暇が取れるとしたら、何をしたいですか

パリで暮らしてみたいです。先日息子たちとパリに行き、魅了されてしまいました。

Q. 公認会計士試験志望者へのメッセージをお願いします

公認会計士は多様な可能性をもち、人生の選択肢を広げてくれる資格です。最後まであきらめることなく、ぜひ頑張ってほしいと願っています。

Q. 女性会計士へのメッセージをお願いします

誰のものでもない、自分の人生です。人生を終えるときに「幸せだったなあ」と振り返ることができるように、自分自身の思いに正直であってほしいと思います。そのためにも、自分のことを理解してくれるパートナーや家族に心から感謝をし、仲間を大切にしながら、1日1日を大切に過ごしてほしいと思っています。 虹がかかるときには、直前に雨が降っています。やまない雨もありません。必ずや道は拓けると思っています。