ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

お知らせ

グローバル会計・監査フォーラム「監査及び監査法人の透明性の向上と監査品質」が開催されます(7/27開催)。

[掲載日]
2017年06月22日

  日本公認会計士協会は、来る7月27日(木)13:00~17:00に開催されます日本経済新聞社主催のシンポジウム、グローバル会計・監査フォーラム「監査及び監査法人の透明性の向上と監査品質」に協賛いたします。参加費無料、どなたでもご参加頂けますので是非ともご参加下さい。

 

「日経アドネット」にて参加申し込み受付中。 締め切り:2017年7月12日(水)

http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=02553

 

タイトル:グローバル会計・監査フォーラム「監査及び監査法人の透明性の向上と監査品質」

主催:日本経済新聞社

協賛:日本公認会計士協会

後援:公益社団法人日本証券アナリスト協会)

 

日時:2017年7月27日(木)  13:00~17:00

対象者:一般及び日本公認会計士協会会員・準会員

会場:日本経済新聞社3階  日経ホール

定員:600名  ※応募多数の場合、抽選

参加費:無料

言語:日本語・英語(同時通訳付)

 

※なお、当イベントはCPE認定研修となります。(研修コード:3003/単位:3)

 

□概要

  英国では、監査報告書の長文化や監査法人のガバナンス・コードを世界の中でもいち早く導入し、数年前から適用しています。今回のフォーラムでは、英国においてこれらの導入に関与された方や、監査法人で実務を経験されている方を招聘し、英国の「監査及び監査法人の透明化」への取組みやその背景を紹介いただきます。また、我が国における監査報告書の長文化の議論や監査法人ガバナンス・コードの運用に資するべく、英国関係者と我が国における各ステークホルダーを代表する方々との討論を行います。

 

◎  基調講演:「英国の上場企業の開示・監査制度の改革(仮題)」

Marek Grabowski 氏(英国財務報告評議会(FRC)ディレクター、IAASBボードメンバー)

◎  公開討論「監査報告書の長文化」

Marek Grabowski 氏(英国財務報告評議会(FRC)ディレクター、IAASBボードメンバー)

Hans Koopmans 氏(PwCシンガポール  パートナー)

Simon Letts 氏(デロイトUK  パートナー)

伊東 敏 氏(株式会社日清製粉グループ本社監査役、公認会計士)

大場 昭義 氏(公益社団法人日本証券アナリスト協会会長)

酒井 弘行 氏(有限責任あずさ監査法人理事長)

島崎 憲明 氏(野村ホールディングス株式会社  社外取締役監査委員会委員長)

増 一行 氏(三菱商事株式会社  代表取締役常務執行役員CFO)

他1名調整中

ファシリテーター:住田清芽(日本公認会計士協会常務理事)

◎  公開討論「監査事務所のガバナンス・コード」

Marek Grabowski 氏(FRCディレクター、IAASBボードメンバー)

Hans Koopmans 氏(PwCシンガポール  パートナー)

Simon Letts 氏(デロイトUK  パートナー)

伊東 敏 氏(株式会社日清製粉グループ本社監査役、公認会計士)

大場 昭義 氏(公益社団法人日本証券アナリスト協会会長)

觀 恒平 氏(有限責任監査法人トーマツ  包括代表)

島崎 憲明 氏(野村ホールディングス株式会社  社外取締役監査委員会委員長)

ファシリテーター:高濱 滋(日本公認会計士協会副会長)

以 上