ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです
サイト内移動メニューへジャンプ
本文へジャンプ
フッターメニューへジャンプ
ここからサイト内移動メニューです
サイト内移動メニューをスキップしてサイトの現在地表示へジャンプ

国際動向紹介

OECD加盟各国政府の会計実務をまとめた報告書の公表について

[掲載日]
2017年03月10日

  国際会計士連盟(IFAC)と経済協力開発機構(OECD)によるOECD加盟各国政府の会計実務をまとめた報告書(Accrual Practices and Reform Experiences in OECD Countries)が2017年2月24日付けで公表されましたのでお知らせします。

 

【本報告書の概要】

  この報告書は、国際会計士連盟(IFAC)と経済協力開発機構(OECD)の共同作業により作成された、OECD加盟各国政府の会計及び予算編成の実務について比較検討を行ったものです。主に発生主義改革における課題と便益の両方について議論を行い、さらに将来的に発生主義情報をよりよく活用するために各国が取っている手法等について考察しています。

 

■本報告書は経済協力開発機構(OECD)のウェブサイトから閲覧可能です。